[孤島]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外来種と在来種
いま北海道の湖水でウチダザリガニという外来種が、古くからいるニホンザリガニや魚などに影響を及ぼしてるらしい。それでいくつかの湖で調査や駆除が始められているそうだ。
この前テレビのローカルニュースで、洞爺湖のウチダザリガニ駆除の模様を放映してたが、そこになぜか子ども(小学生)を呼んでザリガニを食べる、というか、食べされられるというものだった。網カゴで捕獲したザリガニを茹でて食べる、まるでザリガニ試食会イベント。
(然別湖でも同じような小学生向けウチダザリガニ試食ツアーが行われた。これは旅行代理店が企画したもの。)
確かにウチダザリガニというのは、戦前に摩周湖に食用として導入されたものなので、おいしいかもしれない。
最初、子どものなかには嫌だといってた子もいたが、おおむね大人の勧めに応じて食べた子が多かった。
でも、なんで小学生に?


いま外来種は目の敵(かたき)にされていて、外来種が「悪」で在来種が「善」なので外来種を排除しよう、というキャンペーンが繰り広げられている。
たとえばブラックバスは、外来種排斥の格好の標的になっている。でもほんとうにブラックバスは科学的・生態学的に有害なのかは、いまだに議論が続いてる。漁業権を持つ関係者の補償費を求めた動きもあるらしく、科学的な問題ではなく政治的な問題にもなっている。

ウチダザリガニも洞爺湖では外来種の悪いザリガニということになってるが、それが摩周湖の隣の阿寒湖ではウチダザリガを捕獲して「レイク・ロブスター」というネーミングで販売してる。
外来種は悪玉として殺されるか、食用として殺されて人間の胃袋に入るか、まさに人間のご都合主義だ。

このへんの問題は科学的・生態学的な点からだけでなく、生命という視点からも捉えなければならないと思う。生き物たちが生命のある存在であるとする生命倫理。外来種は人間が「拉致」して持ち込んだものであり、そして環境条件に適応してサバイバルしてきたもので、特定のある「種」を人間の手で根絶やしにしていいのかという問題。

このへんはすごくデリケートな問題で、少なくとも子どもに「外来種は悪だから殺して食べていい」という考えをプッシュするのは、ぜひ止めてもらいたいと思うわけです。洗脳でなく、いろいろな考え方があるということを、そして生命となにかということを考えるきっかけになればいい。


     *


外来種(ユダヤ-イスラエル人)が在来種(アラブ-パレスチナ人)を食い殺す(笑)
…おっと、笑っちゃいけない。

ゴヤの「我が子を食らうサトュルヌス(英語ではサターン)」をもじった英国の新聞インデペンドの風刺画(2003)
シャロンがパレスチナの子どもを喰い殺してる
シャロンがパレスチナの子どもを食べてる


生命倫理もなにもあったもんじゃない。アパルトヘイトの壁、パレスチナやレバノンの民間人へのジェノサイド。

E.モラン、S.ナイル、D.サルナヴ「イスラエル-パレスチナ問題という癌」
http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20060318
そしてここでわれわれは信じがたい逆説を前にする。ゲットーというアパルトヘイトの犠牲者の子孫であるイスラエルのユダヤ人がパレスチナ人をゲットーに押し込めている。辱めを受け、蔑まれ、迫害されたユダヤ人たちが、パレスチナ人を辱め、蔑み、迫害している。残酷極まりない体制の犠牲になったユダヤ人たちがパレスチナ人たちに残酷極まりない自分たちの体制をパレスチナ人に押し付けている。非人間性の犠牲となったユダヤ人たちが非人間性を示している。あらゆる悪のスケープゴートとなったユダヤ人たちが、アラファトとパレチナ自治政府をスケープゴートとし、テロの防止を防止しなかったとし、その責任者とされている。


イスラエルのアラブ人排斥傾向
http://palestine-heiwa.org/news/200605130952.htm

人間の戦場 ダビデの歪んだ星 ― イスラエルVSパレスチナ ―
http://www.bs-i.co.jp/main/documentary/show.php?0039

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。