[孤島]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメ版『ゲド戦記』は天下りオンパレード
アニメ版『ゲド戦記』のDVDを見た。でも私のようなル=グウィンの原作を読んでない者には、このアニメはなんだか訳の分からない、どうしようもない物語に思えてならなかった。
もう既にこのアニメや監督の宮崎吾朗への批判が少なからずなされているけど(1)、いちおう言っとかないと。

それぞれのキャラクターの出自だけど、アレンは国王である父親を殺して逃亡の身であることは分かった。でもそれ以外の、ゲド(ハイタカ)もテナーもテルーもクモも、どこから来て何者なのかがよく分からなかった。特に原作を読んでない者にとっては、キャラクターのセッティングがあまりにも天下り的。
確かに物語の途中で、登場人物から説明がなされることもある。一例として、「テルーは小さいとき両親から虐待を受け、顔にヤケドを負って……」という風に。でもそれで済ましていいのだろうか? 例えば『天空の城ラピュタ』の場合、シータ(ラピュタ王家の姫)は確かに天から降って来たけど、シータがどこから来で何者なのかという、その謎を明かすのがストーリー構成であり、またラピュタのテーマでもあった。でもゲド戦記では、死んだと思ったはずのテルーが息を吹き返し、そして竜になって……って、テルーが竜の化身だったなんて こっちは知る由もないんだから、何事かとびっくりした。
一番キャラクターの立っているアレンについても、彼の「心の闇」が何であり、それをどうやって克服したのか、そして父親殺人の動機についても、結局理解できなかった。
それから、人の本名を口にしてはならないという習慣がある社会・共同体は多い ということを文化人類学の本で読んだことがあるが、そもそも「まことの名前」って一体なんだろうという疑問やその由来についても分からなかった。


……などと色々と疑問点の多い作品だけど、それよりも、スタジオジブリが『ゲド戦記』のDVD販促用として文庫本判のフリーペーパーを出していて、その中で中沢新一が書いたル=グウィン『ゲド戦記』の文化人類学的視点からみた読み解きがとても面白かった。そして『ゲド戦記』が相当に興味深い物語だとは知らなかった。絶対読まないと。

中沢によると、アーシュラ・K・ル=グウィンの父親は文化人類学なのでその影響が大きく、また『ゲド戦記』のそれぞれの巻が、その当時の時代思想によって影響を受けているとされる。
この頃の時代背景を考えてみると、アメリカの人類学者カルロス・カスタネダの存在が、ル=グウィンに影響を与えたことは考えれますね。
カスタネダといえば、やはりメキシコ・トルテックのドン・ルイス・ミゲルですね。(ちょっと強引ですが) それで、原作を読んでないので、この中沢新一の記述とルイス・ミゲルとの共通点について書こう……と思っていたけど、ちょっと時間がないので、また次回に。

(1) 例えば、宮台.com Blog
「感情のポリティクス」が横行する背景に、「セカイ系」の人々が量産される現実があることを書きました  2006-08-25
http://www.miyadai.com/index.php?itemid=392

----------------------------------------------

ゲド戦記 ゲド戦記
宮崎吾朗 (2007/07/04)
ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
いろいろ
猫

セグロセキレイの雛はどうやら巣立ったようだ。親鳥の姿を見かけなくなり、鳴声も聞こえなくなった。
それでうちの猫も昼間、外に出られることになった。

     *

<いま読んでる本・読もうとしてる本・最近読んだ本>

1.精神分析の本:自我が分裂するとか、(フロイトのいう)口唇期への退行が問題だとか、そういうの。

2.臨床心理学批判の本:フロイトなど近代が生み出した精神分析・臨床心理学が、実はデッチ上げらたもの(著者はそういう言い方はしていないけど)だという、その辺を思想史的にも科学的にもきちんと論証してる本。

3.ドン・ミゲル・ルイスの本:カスタネダの流れをくんだヒーラーで、古代メキシコの「トルテック」の智恵にもとづいた本。

精神分析でもルイスの本でも、やはり恐怖が一番問題となってくる。
恐怖という病気の症状は、怒り、憎しみ、悲しみ、妬み、そして偽善である。この病気にかかった結果は、人間を苦しめるすべての感情として現れる。
恐怖があまりにも大きくなると、あらゆる毒に冒されたそれらの傷はもはやどうにも耐えがたいものとなり、理性が麻痺する。
 『愛の選択』
ルイスの本では、恐怖に打ち勝つには「愛」という理念をもってくる。その「愛」というのも俗世間・一般的なそれではなく、なかなか奥深い概念なのだけど。
で、精神分析・臨床心理では、恐怖を克服するにはどういう方法でやってるのかな。

4.仏教の本:原始仏教。
柳澤桂子さんの言葉
ブッダは、欲や苦しみの根は自我への執着だから『自我を滅するべし』と説きますが、これは自己と非自己の区別は錯覚で、真のリアリティーは一元論だという科学的世界観と同じです。私は、高い教育を受けたブッダは、ギリシャ哲学の原子論を知っていたのではと推測しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。