[孤島]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スズメとネズミと猫
日曜日、動物に関する二件の出来事。

昼間、居間の煙筒の中で、なにやらゴソゴソと動いている音が聞こえた。たぶんスズメが集合煙突から落ち込んでしまい、そのまま出られないでいるのだと思った。前にも同様なことを何度か経験したことがあるので。
鳥というのは垂直に飛ぶのは苦手みたいだから、一度煙突に落ちると、なかなか脱出できないらしい。

それでストーブの曲がり煙筒を外して、懐中電灯で横煙筒の中を覗いたけど、スズメは見当たらなかった。ということは、まだ集合煙筒にいるということだ。困った。もしスズメが煙突の底まで落ち込んでいたら、助けるのはかなり困難だから。というのは、煙突の一番底にあるスス取りの蓋が、どういうわけかモルタルで密閉されているのだ。その蓋は屋外にあるので、本当なら蓋を開けたら、鳥はそのまま煙突から表に出られるはずだった。別の方法を考えないとならない。
とりあえず集合煙筒からストーブの横煙筒を外して、煙突の底からどうやったら助けることができるのか、いろいろと思い巡らした。でもいい考えが浮かばない。

そんなとき、バタバタという羽音がした。見上げると、なんと、横煙筒の上にスズメがのってるじゃないか。よかった!
スズメはきょろきょろと辺りを見回し、それから窓の方に飛び上がった。でも開けた窓の隙間が十分でなかったのか、またもとの横煙筒のところに戻った。それで大急ぎで窓を目一杯開け、レースのカーテンも手繰り寄せた。
スズメはしばらく辺りを見回し、そしてバタバタという羽音とともに飛び上がり、昼寝中の猫の頭上1.5mを通過し、そして無事に窓から外に出て行ったのでした。

スズメは煙突の底でなくて、もしかして二階の横煙筒――幾分か集合煙突に刺さっている――のところにいたのかもしれない。どうしても煙突の上には出られないので、それで光の差し込んでる一階居間の煙筒のところに出てきたのかもしれない と思った。

スズメが煙突に落ち込んで頓死した統計というのは、たぶんないと思うけど、でもけっこう多数のスズメが死んでるような気がする。
「野鳥の会」では、こういう問題になんらかの対応はしないのかな?

     *

うちの猫は外に出ることが好きだ。たぶん前の飼い主のところでも、そうだったに違いない。(野良猫を拾ってきたけど、たぶん捨て猫だったと思う。)
それで、猫が外に出たがったときは、できだけ希望のとおりのことをやることにしてる。玄関ドアを、猫が通れる隙間だけ開けておく。すると大体10~30分で帰ってくる。(寒い季節になったらちょっと自重するかも。たぶん猫も出不精になる気がする。)

うちの猫はオス猫には興味がなく、ときどきちょっかいを出しに来るオス猫に対して、「ナォー!」とか「フーッ!」と威嚇したりしてる。
そしてどちらかというと、昼間よりも夜に歩くのが好き。
で、日曜日の深夜も外に出していて、私は二階にいた。しばらくすると、猫の「ギャオー」という耳慣れてない声が聞こえた。もしかしてまたオス猫の襲来かと思いながら、上から玄関を覗くと、うちの猫は何事もないような風情で玄関に座っていた。そして私が階段を降りると、猫はまた外に出て行った。でも猫のいたあたりに、何か小さな黒い物体が見える。その気色の悪い物体は……、しっぽが長い……、小さい鼠の屍骸だった。それも食いちぎられている。
ときに猫は、捕まえたネズミやスズメを飼い主にプレゼントとしてあげるらしいけど、そういうプレゼントは欲しくない。
キッチンペーパーに屍骸を包み、血のあとを雑巾とキッチンペーパーでふき取り、そうこうしてるうちに猫が帰ってきた。そして足元にスリスリしてくる。甘えた声で「ニャーォ」(人間の幼児言葉では「だっこ!」)と鳴いてくる。
それで安楽椅子で猫を抱きながら、ネズミを食いちぎるような野生の凶暴さと幼児のような甘ちゃんキャラのギャップ、そして来世でははたして人間として生まれるのかとか、いろいろと思いを馳せた。
いちおう「もうネズミを捕ったらダメだよ!」と言っといたけど、どうなるのか。


ということで、「一羽のスズメ、危く難を逃れ、一匹のネズミ、運悪く命を失った」の巻でした。
スポンサーサイト
ただの日記
「日本シナリオ大賞」(12月末締切り)の応募、もう去年で終わったのだった。知ならんだ。
どうしよう。しばらくはシナリオの募集は多分ないし。来年7月の函館映画祭シナリオ大賞まで待てないし。それとも小説に書き直して、どこかの文学賞に応募しようか。む~ん。

      *

「NHKスペシャル 100年の難問はなぜ解けたのか ~天才数学者 失踪の謎~」
世紀の難問「ポアンカレ予想」の証明をした数学者の物語。

これ、月曜日に見ようと思ってたけど、忘れていた。
と思ってたら、水曜日の深夜にまた再放送するらしい。ラッキー!


「国民の期待に応えたい!」(チャンプ・内藤大助)
で、国民の期待に応えてくれました、はい。
そして亀田親子はすっかりヒール(悪役Heel)役になってしまった。
善と悪との戦いは、やっぱりあるのだなと実感。悪との戦いは、未来永劫続く。

ボクシング:WBCフライ級タイトルマッチ 亀田大選手、惨敗 早過ぎた世界挑戦
目を突き・足たたき・投げ飛ばす--亀田大選手、王者・内藤選手に惨敗

11日夜、東京・有明コロシアムで行われたボクシングのWBC(世界ボクシング評議会)フライ級タイトルマッチ12回戦。大差の判定で敗れた亀田大毅選手(18)が王者・内藤大助選手(33)に繰り返した反則行為に約6000人の観客の大半がブーイングを浴びせた。

内藤選手によると、観客席から見えにくい反則もあった。亀田選手ともみ合いになると、グローブを目に押しつける行為(サミング)や相手の動きを止めるために太ももをたたいてきたという。
(毎日新聞)

そのほかバッティング(頭がぶつかる)も作為的にやってた。というか頭突きのことだけど。

今回の試合で、「自分たちが一番強い」&「強ければ何をやっても許される」という思い込みが綻び始めたことが、亀田親子には一番ショックだったろう。
それにしても、いじめっ子 ⇒ ゴキブリ というマヌケな飛躍はすごいけど、その内藤選手をゴキブリと侮辱したうえ、『負けたら切腹する』と言い放った、あの傲慢で自信満々な態度は、どこからくるのだろう?
(もちろんそれは、彼らが常識というものを持ち合わせていない というのが大きな理由だけど。)

思うに、結局亀田兄弟って、ファザコン以外の何ものでもない。そして亀田父親もコンプレックスの塊みたいもの。自信がないから、大風呂敷を広言する。亀田兄弟は、あの誇大妄想の父親を理想の父として見習ってきた。でも理想の父としての亀田父親の持ってる、社会常識の無さやゴロツキの根性やボクシング技術の拙劣などいろいろな未熟なものが、けっきょく亀田兄弟の限界にもなっている。
実際今回も、試合をリードしていけなかったボクシング技術の拙さがあげられる。
ほんとは父親でなくて別なトレーナーを付けたらいいという話がよく出てくるけど、なんせファザコンだから、どうなのかな。
実際プロボクサーは、尊大でごう慢な者よりも、ガッツはあるけど性格は温厚な人が多いとされる。例えば具志堅や渡嘉敷、そして内藤大助のような人。 要するに、トレーナーの言うことを聞くか聞かないかの違いで、ちゃんと人の言うことを聞くボクサーでないと伸びないらしい。居丈高で、父親の言うことならよく聞くファザコン亀田兄弟は、これからどうなるのか見もの。
亀田親子は今後も悪役として頑張って、ぶざまな試合をやってもらいたい。

それとTBS実況中継の、アナウンサーと解説者は酷かった。

p.s.
亀田興毅が反則をけしかけたことを、あれは亀田家のボクシング用語だからと言い訳してるらしい。まったく世の中 舐めてるな。

テーマ:ボクシング - ジャンル:スポーツ

おそまつ日記
9月末応募締切りのWOWOWシナリオ大賞に間に合わなかった。ヘタレ。ちょっと凹む。
次は12月末締切りの日本シナリオ大賞。これを逃したらもうアカン。頑張ろう。


夕暮れ
近所の川・夕暮れ


     *

Patrick Watson - Close to Paradise
20071003031700.jpg
F-Musicによると、
カナダ出身のアーティストが1年間にリリースしたアルバムの中から、ジャンルやセールスに関係なく最も優秀な作品を選出する、カナダ版マーキュリー・プライズ、ポラリス・ミュージック・プライズ (Polaris Music Prize)。
9月24日に授賞式が開催され最優秀アルバムが発表されました。7月10日に発表された10タイトルのノミネート作品の中から2007年度の受賞アルバムに選ばれたのは、シンガー/ピアニストのパトリック・ワトソン率いる4人組インディ・ロック・バンド、パトリック・ワトソン (Patrick Watson) のセカンド・アルバム Close to Paradise。
だそうな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。