[孤島]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はちみつ
土曜~日曜日の夜(6/7~8)、お腹が痛いのでなかなか眠られず、悶々として早朝をむかえ、これだったら起きた方がいいとテレビをつけたところ、なにやら東京でミツバチを飼うという番組をやっていた。
NHKの ”産地発!たべもの一直線 「東京・岩手発~はちみつ」”(6:15~6:51)という番組。
都会の真ん中でミツバチを放って集める「東京のはちみつ」。東京都千代田区のビルの屋上に巣箱を並べるのは、岩手県の養蜂(ようほう)家・藤原誠太さん(51歳)。藤原さんは、ビル風などの悪条件に負けないように、独自の工夫でミツバチを助け、都会の木々のみつを集めている。そしてその一方で、日本在来のミツバチが集める味わい豊かなはちみつに注目。その養蜂にも取り組んでいる。奥の深いはちみつの魅力に一直線!

最初は東京の皇居前の並木で養蜂する様子で、これは各テレビ局で何度か紹介されていた。それから後半は地元の岩手での養蜂で、そのなかでおもにニホンミツバチを取り上げていた。
でも普通はニホンミツバチは、西洋ミツバチの巣箱で飼っていても、すぐ逃げることが多いとされたいた。それをこの藤原さんという養蜂家は、巣の間隔や入り口を少しせばめたりしてなんとか逃亡を防いだりと、色々と工夫をやっているらしい。
それから、自分のところだけでなく、養蜂の普及にも力を入れていこうと思っているとのことだった。
ひとつは、地域活性化として農家に養蜂を勧めていること。そのために、年寄りや子どもでも使えるようにと普通のサイズの半物の巣箱も考案し、その実物もテレビで写されていた。
それからもうひとつは、東南アジアでの普及だ。東南アジアではニホンミツバチと同じ種類のミツバチがいるので、ニホンミツバチでのノウハウを教えていきたいといっていた。


じつは私、ゆくゆくは蜂蜜を使ったスイーツの会社を起こすことをたくらんでいて、それで養蜂、それもニホンミツバチ(*1)の養蜂に興味があり、道内や国内だけなくてフィリピンなどの東南アジアでも養蜂をやろうとか、今の段階では単なる妄想かもしれないけどそういう風に思っていたので、お腹が痛くてこの番組を見ることができたのは不幸中の幸いというか、貴重な情報でした。

それにしても、蜂蜜だけで6ヶ月生きられるという実験をやった人がいるくらい(*2)、蜂蜜は滋養豊富なので、それで世界の飢餓状況のところで養蜂をやり蜂蜜を採取したら助けになるのでないとか単に頭の中で思ったりしてた。
とくにアフリカでは、荒地でも強いソバを植えて養蜂をやったら、ソバも取れるし蜂蜜も取れるので一石二鳥とか考えていたのだけど。(アフリカの人がソバを食べるのかわからないけど。それから、ソバの蜂蜜はあまりおしくはないです。)

でもこうして、じっさい養蜂家の人が、海外でも養蜂を普及させようと考えていたのですね。


今朝も胃が痛いので、どうにもならなくてテレビをつけたけど、秋葉原の通り魔のことをやっていて、気が滅入った。
いまは痛みは治まりました。


*1 西洋ミツバチは天敵のススメバチになすすべもなくやられていまうけど、ニホンミツバチは襲ってくるススメバチへの対抗手段をもっている。
http://jp.youtube.com/watch?v=LLWZHg_TjA0
*2 蜂蜜にはビタミンCが含まれてないので、ビタミンCだけは別に取って実験を実施した、ということ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。