[孤島]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
右脳は無窮の夢を見るか?
奇跡の脳奇跡の脳
(2009/02)
ジル・ボルト テイラー

商品詳細を見る

『奇跡の脳』

37歳の脳科学者ジル・テイラーは、ある朝、脳失血(脳卒中)に襲われる。危機はなんとか乗り越えることはできたが、言語能力、認知能力、計算能力などがやられてしまう。
そのときの状況やその後のリハビリ、そして8年間に考えたことが、彼女の著作である『奇跡の脳』(My Stroke of Insight)に書かれています。
その中からいくつか抜粋します。

左脳の言語中枢が徐々に静かになるにつれて、わたしは人生の思い出から切り離され、神の恵みのような感覚に浸り、心がなごんでいきました。高度な認知能力と過去の人生から切り離されたことによって、意識は悟りの感覚、あるいは宇宙と融合して「ひとつになる」ところまで高まっていきました。
どこで自分が始まって終わっているのか、というからだの境界すらはっきりわかない。なんとも奇妙な感覚。からだが、個体でなくて流体であるかのような感覚。まわりの空間や空気の流れに溶け込んでしまい、もう、からだと他のものの区別がつかない。

--

この体験から、深い心の平和というものは、いつでも、誰でもつかむことができるという知恵をわたしは授かりました。涅槃(ニルヴァーナ)の体験は右脳の意識の中に存在し、どんな瞬間でも、脳のその部分の回路に「つなぐ」ことができるはずなのです。
このことに気づいてから、わたしの回復により、他の人々の人生も大きく変わるにちがいないと考え、ワクワクしました。他の人々というのは、脳障害からの回復途中の人々だけでなく、脳を持っている人なら誰でも! という意味です。

--

脳卒中を体験する前のわたしは、左脳の細胞が右脳の細胞を支配していました。左脳が司る判断や分析といった特性が、わたしの人格を支配していたのです。脳内出血によって、自己を決めていた左脳の言語中枢の細胞が失われたとき、左脳は右脳の細胞を制御できなくなりました。その結果、頭蓋の中に共存している二つの半球の独特な「キャラクター」のあいだに、はっきり線引きできるようになったのです。

--

脳卒中によってひらめいたこと。
それは、右脳の中核には、心の奥深くにある、静かで豊かな感覚と直接結びつく性質が存在しているんだ、という思い、右脳は世界に対して、平和、愛、歓び、そして同情をけなげに表現し続けているのです。

--

右脳と左脳はそれぞれユニークな特徴を持っており、ちがったやり方で情報を処理するわけですから、それが別々の価値体系となってあらわれ、結果的に非常に異なる人格が生じるのは、あたりまえかもしれません。左右の脳が持つ両方の性格を育て、脳の両側の機能と個性をうまく利用し、人生の中で両方がお互いに支え合い、影響し合い、調整し合うようにできる人もいます。
でも、ほとんどの人は、どちらか一方に考え方が偏り、常に分析し、批判的になり、柔軟さに欠けるパターン(極端な左脳状態)を示すか、あるいは、周囲とほとんど現実を分かち合うことなく、ほとんどの時間を「うわのそら」(極端な右脳状態)で過ごしています。
二つの性格のあいだの健全なバランスを生み出すことによって、初めて、変化に対して柔軟に対応できる(右脳)認知力を持ちながら、同時に道を踏み外さず具体的に行動できる(左脳)ようになります。与えられた認知能力を100パーセント大切にし、うまく使うことにより、まさに「生命の傑作」とも言えるわたしたちに見合った人生への道が開けます。決意しさえすれば、慈愛に満ちた世界をつくることが可能なのです。

--

左脳は細部で頭が一杯で、分刻みのスケジュールで人生を突っ走ります。左脳はクソ真面目なのです。歯ぎしりしながら、過去に学んだことに基づいて決断を下します。一線を越えることなく、あらゆることを「正しい・間違っている」、あるいは「良い・悪い」で判断します。
右脳はとにかく、現在の瞬間の豊かさしか気にしません。それは人生と、自分にかかわるすべての人たち、そしてあらゆることへの感謝の気持ちでいっぱい。右脳は満ち足りて情け深く、慈しみ深く、いつまでも楽天的。右脳の人格にとっては、良い・悪い、正しい・間違いといった判断はありません。
これを右脳マインドと呼ぶことにしましょう。ですから右脳マインドでは、あらゆることが相対的なつながりの中にあるのです。ありのままに物事を受け取り、今そこにあるものを事実として認めます。


よく左脳は言語・概念・論理的で右脳はイメージ・図形・絵画的であるといわれている。でも左右の脳の特徴・性格をここまではっきりと言った人はいるのだろうか。


YouTube ジル・テイラー博士の講演(日本語訳)
があった。 ラッキー!

脳卒中の体験談 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=Jza9z_n7Ju0


脳卒中の体験談 2/2
http://www.youtube.com/watch?v=NRMx87tfxkE




身体・精神・心・魂・スピリット

さてここで、人間が身体(物質)と精神からなっているというデカルト的な二元論を離れて、いったい人間の存在は何によってつくられているのかということを考えることにする。
いろいろな考え方が出されているけど、私的には、中川吉晴 『ホリスティック臨床教育学』、『気づきのホリスティック・アプローチ』(1)に載っていた、次の人間モデルがもっともふさわしいのではないかと思う。つまり、
身体(body)・精神(mind)・心(heart)・魂(soul)・スピリット(spirit)
の5つの要素。
個人の人格は、身体による行動と、精神による思考と、心による感情という三つの働きから成り立っているとされる。また魂とスピリットは、霊性の次元を指している。

この精神(思考)と心(感情)というのは、まさにジル・テイラーの言っている左脳マインドと右脳マインドに対応しているのではないだろうか。つまり精神(思考)が左脳で、心(感情)が右脳ということ。(そしておもに心=右脳が、超人格的な魂とつながっている。)

「もちろんこれら三者(身体・精神・心)の働きは分離されているのではなく、有機的に統合されている。」とされる。でもこの有機的なつながりがばらばらに分離し、お互いが対立すると、問題が発生する。
子どもの教育に関した部分で、その問題について次のように書かれている。
子どもの教育とは、身体と心と精神が順次バランスよく発達していくことを助ける営みである。現代の教育システムは、これら三者の内面的成長のリズムに従うよりも、むしろ社会の要請に従っているので、必ずしもバランスのとられた発達を促すものではなく、実際にはさまざまな不調和をもたらしている。これはとくに、社会の価値観を内面化する精神(マインド)が身体や心(その機能としての行動や感情)を過剰に管理するということで起こりやすい。 (『ホリスティック臨床教育学』)

これもテイラーの言う、左脳(精神・思考)が右脳(心・感情)に対して支配的にコントロールしている、ということに符合する。
わたしたちは左脳のところで決断してしまい、なかなか最新のファイルを探すために右へ一歩(つまり、右脳の意識の中へ)進もうとはしないのです。というのも、いったんある決定をしてしまうと、いつまでもその決定に執着するから。支配権を確立した左脳にとって、自由奔放な右の伴侶と狭い頭蓋のスペースを分け合うなんて、そりゃもう、許せないことなんだと思います。 (『奇跡の脳』)

要するに、精神(思考)が身体や心を抑圧して、からだや心にいま何が起こっているのかがなかなか気づきにくくなってしまっている。
では気づくにはどうしたらいいのか。
言葉や理屈(左脳)に頼らずに、自分の内部の感覚に忠実になる。右脳が持っているはずの(潜在的な)機能をもっと活用する。魂の声を聞くこと。ここで登場するのが、たぶん魂や霊性だと思う。テイラーが、涅槃や宇宙とつながっているとしたものです。
また、気づきを実践するためには、ヨガ、瞑想など、いろんな方法やツールがあるようです。(下記の書籍など参考)

こうしたことを自分自身でやっているのかといわれたら、何も言えない・・・。


1. 中川吉晴 『ホリスティック臨床教育学』(せせらぎ出版2005);『気づきのホリスティック・アプローチ』(駿河台出版社 2007)
 ヒューストン・スミス、ケン・ウィルバー、シュタイナー、グルジェフ、ウスペンスキーなども参考しにて、5つの要素、身体(body)・精神(mind)・心(heart)・魂(soul)・スピリット(spirit)を採用したとのこと。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。