[孤島]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画3本
■『ザ・マジックアワー』(監督:三谷幸喜)
三谷幸喜の前回作『THE 有頂天ホテル』は、アホらしくなってきて、途中で見るのをやめたくらいつまらないものだった。(いちおう最後はどんな終わり方をするのか見たけど、本当にくだらない映画。)
こんどの『ザ・マジックアワー』は面白そうという評判なので、DVDでみたけど・・・
コント仕立てで、ドタバタ物。くだらないと思いつつ、途中で笑ってしまったり。ときどき2倍速も使った。
ちょっとウディ・アレンの映画(例えば、『ブロードウェイのダニー・ローズ』、『ブロードウェイと銃弾』、『さよなら、さよならハリウッド』)を意識したものかなと思ったり。(いえ、パクったとは言ってないですよ、パクったとは。)

こういうドタバタ物は、時間とECOなエネルギーの省力化のために、2倍速で見るといいと思う。
同じくドタバタ物の北野武の『監督・ばんざい!』も、2倍速で見ると、まるでチャップリンやキートンの映画のように面白く楽しめた。


■『象の背中』(監督:井坂聡、原作:秋元康)
お涙頂戴のつまらない映画。
死期の近いことをわかった人が、死にいたるまでの間をどう生きたかという、映画では結構おなじみの話だけど、この映画は軽すぎる。


■『黒い雨 』(監督:今村昌平、原作:井伏鱒二)
BSで見た。モノクロのフィルム。
この物語は、二次的被曝を受けた矢須子や叔父叔母、そして村落の人たちの受難劇。
この映画は重い。

田中好子演ずる矢須子や叔父・叔母は、広島から離れたところで原爆のキノコ雲を見る。そして叔父や叔母と一緒に、叔父の勤める広島の工場に出発する。舟で広島にゆく途中、放射能の含まれた黒い雨を浴びる。そして爆心地を通って工場に向かうのだけど、その際、黒焦げの死体や皮膚のただれた者、助けを求める被災者、そして川に浮く死体など、原爆による惨状が生々しく描かれている。
原爆の悲惨さは写真集などでよく見たけれど、こうして映像で撮られたものは、作られたものとはいえ、ググッと迫るものがある。
完全にジェノサイドだ。米国の原爆投下に対して、また腹が立った。
米国に謝罪要求できない日本って・・・。


ところで田中好子は、たぶん日本人が抱いてる「かわいい女の子」のプロトタイプというか原型(元型)のような女優の一人ではないかと思う。最近はもっと個性的というか欧風的になってきているみたいだけど。
たぶん韓国の映画やドラマが日本で好評なのは、今はあまり見かけなくなった吉永小百合・田中好子的「かわいい女の子」の女優が出てきているからでは、と思っているのだけど……。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。