[孤島]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハウルの動く城に閉じ込められたラブンツェル
howl.jpg
この前、憂鬱なときに見る映画(DVD)はどれがいいか、ということで、結局『ハウルの動く城』を見ることにしたのだけど、そのとき一緒に『ブラザーズ・グリム』(監督:テリー・ギリアム)も借りた。
どちらもヒロインが魔女によって魔法をかけられる。西洋では、魔法を解くにはキスで生きかえさせるというのが普通だけど、あれは本当は「息吹をかける」ということなんでしょうね。

『ブラザーズ・グリム』では、「かえるの王子さま」、「ラブンツェル」、「あかづきん」、「ヘンゼルとグレーテル」その他の物語がてんこ盛り。テリー・ギリアムにしては、それほど面白い作品とはいえなかったけど。
でも今度の『ローズ・イン・タイドランド』は期待できそう。

で、両作品は憂鬱なときに、それを忘れたり癒されるかというと……、まあまあ利く。
でも憂鬱なときに一番いいのは『アメリ』。前に書いた「ちょっと現実ばなれした、でもリアリティがあって、感動的で、途方もない、壮大な物語……。」というのにピッタリ。これは気分の良いときでも、もちろんイケルけど。

そういえば『ハウルの動く城』のテーマ曲は三拍子だった。『アメリ』も三拍子が基調で、なにか三拍子には秘めた力があるような気がする。個人によって感じが異なってるかもしれないけど。

     *

GetImage1.gif

今はやりのバイラル(口コミ)サイトのひとつ
バイラル・ウォーカー
http://www.walkerplus.com/viral/
ここに「世界中の萌えネコ大集合!」 というのがあって、
これが 笑える+癒し。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。