[孤島]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小樽公園(花園公園)
小樽に行ってきた。
南小樽駅から入船~小樽市教育委員会を経て小樽公園に至る、いくつかの写真。

otaru_map1.jpg


(1) 小樽市教育委員会東山中
もと東山中学校があったところ。今は市教育委員会の建物になってる。
(このままだと面白くないので、画像を加工。)

(2) 皿や壷のディスプレイの家
otaru_tsubohouse.jpg
市教育委員会のすぐ近くに、なにやら皿や壷を飾ってた建物があった。陶器を売ってる店なのか? こんど行ったときに調べよう。

(3) 戸塚新太郎 句碑 (4) 顕誠塔


小樽公園の展望台を目指して、とにかく坂を登っていたらそのうちに展望台に出るだろうと思って、山道を歩いていた。
どうやら道をちょっと間違えたようだ。
木もれ日が差しこむところに、なにか大きな石が立てられている。句碑だ。次のような短歌と新太郎の名が書かれていた。

  森にひそむかの妖精もいでて遊べ 木もれ日うごく羊歯の葉の上

あとでわかったのだけど、小樽で活躍した戸塚新太郎という人の短歌だった。
「森にひそむ かの妖精」というのは、たぶんコロポックルのこと。
残念ながら、木もれ日が差しこむ葉っぱに、妖精は出てきませんでした。

そこから何やら塔のような物体が、木々を透かして見えた。小樽公園に塔なんかあったのかな?と思いながら進むと、10mほどの石柱だった。トップに鷹か鷲をのせているので、きっと何かのモニュメントだろう。
石の垣根を飛び越して、なかに入る。ぐるりと回って、正面に進むと、立て札に「傷痍軍人……」と書かれていた。おそらく慰霊碑のようだ。賽銭箱が置かれている。裏口から入って申し訳なかったというのもあって、賽銭箱に百円ほど入れて、手を合わせる。

これもネットで調べて分かったのだけど、この顕誠塔は日露戦争の慰霊碑として創立されたものであると。たぶん第二次大戦のときも同じ慰霊として使われ、そして戦後は郷土小樽市に貢献のあった人々も合祀しているとのこと。

さて、こんどは正門から出て、小樽公園の展望台へと向かう。


(4) 小樽公園展望台 (5) 遊園地(こどもの国)


木々は、伐採されたり剪定したり朽ち果てなければ、そのままスクスク育つ。
ということで、木々が成長してる分、眺望がますます悪くなっている。(写真下右)
それとマンションがあちこちに建っているせいもあるかもしれない。
前はもっと見晴することができたのに、ちょっと残念。

展望台より遊園地の方が、眺めは良さそうだ。(写真上)
そしてミニ観覧車に乗って街や港を見るというのも、いいかもしれない。(写真下左) 私は乗らなかったけど。


あと、地図には載せてないけど、
 小樽公園~公会堂(「能」の展示)~小さいときちょっと住んでたところ(建物はとっくにない)~入学した小学校(在校ひと月)
そして小樽駅まで到着したのでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。