[孤島]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンリ・ルソーまたはF1ブラジルGP
luso.jpg

NHK日曜美術館のアンリ・ルソー特集で、ルソーの使っている緑のことを、横尾忠則があれは無意識だと言ってた。つまり無意識というのは濃い緑なのだそうだ。たしかに、ルソーの絵画は無意識の世界といわれている。
わたし的には無意識は紺だと思ってたので、ちょっとびっくりした。無意識は深海のイメージで、そこから生まれた泡のようなものが、意識面に表出すると思っていたので。

紺は孤立していて、それに合わせられる色はあまりない。いちばんいいのは白くらいか。たとえば碧いエーゲ海と白い岸壁や白い街並、蒼空と雲など。紺系とちがって、濃緑色は調和する色が多い。
以前は紺系が好みだったけど、最近はグリーン系が好きになってきた。このBlogのトップ・イメージのように。

    *

もうF1からはちょっと遠ざかっていたのだけど、なによりM・シューマッハが引退するので、ここ数レースは見てた。そして最終レース。シューマッハの走り振りに手に汗。いや~ぁ、面白かった。
シューマッハは、予選のエンジンの故障で10位の位置。そして始まったばかりのレースでも、パンクで最後尾から追走するはめになった。でも、そこからの追い上げは、例に漏れなくすごかった。
このレースは、マッサの母国での優勝でもなく、またアロンソの総合優勝でもなく、やっぱりこれが最後の走行になるシューマッハを見ることだった。
シューマッハは、Hondaのバリチェロ、ルノーのフィジケラ、そしてマクラーレンのライコネンを抜いて、結局4着。
バリチェロはシューマッハに道を譲った。それも2回も。w シューマッハはサンキューと手を上げてた。彼の車は、ときどき調子が悪かったのだ。

そういえば、F1カーのカラーリングが、ちょっと地味っぽくなってきたような気がする。もちろんフェラーリのレッドは別格で、いちばん明るい配色がブルーと黄色のルノー。それ以外は、白をベースにしたものが多い。とくに日本のレーシングチームはどれも白と赤で、一目で見分けがつきにくいので、なんとかしてくれ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。