[孤島]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『時をかける少女』(監督:細田守)
時をかける少女

先週、『時をかける少女』(監督:細田守)を観てきた。評判が良かったらしく、再上映。前の上映は見逃したので、ちょうどよかった。
(以下、ネタばれあり。)




高校三年の真琴は、ひょんなことからタイムリープを思うがままにできる超能力をゲット。タイムリープとは、今の時間と空間を跳躍(リープ)して別の時間・空間に行く能力のこと。なにか問題があれば、時間をリセットして、そこから再びスタートすることができるのだ。

ところが世の中、往々にして、そうはうまくいかない。例えば調理実習のとき、真琴は自分のドジをタイムリープによって男生徒に負わせる。真琴の予想どおりの進展だ。でも身代わりにされたら男生徒は散々からかわれて、そしてキレてとんでもないことが起こってしまう。
タイムリープにより当初は真琴の思いどおりのことが起きたが、多くの人数(や自然や動物など)が相互に関わる複雑性の高いケースでは、リスタート以降は何が起きるか分からないのだ。

こうして他者たちとの相互作用のなかに、真琴が巻き込まれるのだ。
アニメ版『時をかける少女』が、私小説的モノローグとか、「きみとぼく」の「セカイ系」でないゆえん。
(ちなみに、「セカイ系」は青春ハレークイン風メロドラマのこと。)

  宮台真司:「感情のポリティクス」が横行する背景に、「セカイ系」の人々が量産される現実があることを書きました


真琴はタイムリープを、けっこうつまらないものに濫用する。例えば、妹が横取りしたプリンを取り戻すこととかに。
一般に誰でも人生の分岐点で「あの時、こうしたら良かったのに……」と後悔することがあると思うのだが、そういう時にこそタイムリープを使って……
というのは人生で失敗ばかりしてきた私のような人間の言うセリフ。それじゃ重すぎる。もっと軽快に、ありそうもない話なので御伽噺のように、そしてドタバタ風に。

そう、このアニメは青春ものの定番(?)、ドタバタ劇なのだ。つまりこの年代はカオティックで、生き方が不器用なので、どうしてもドタバタの様相になる。逆に予定調和で器用で「きみとぼく」の青春ものは、往々にしてつまらない。

エンディングのところで、千昭が真琴に「未来にこい」(だったかな?)と告げるシーンがある。未来からやって来た人間と現在の人間との時を超えた相思相愛、いいですね~、と思ったのだけど、さて真琴はどうしたら未来に行けるのか、ちょっと疑問をおぼえた。
その他もこういう設定はどうのなのかなと思ったこともあったが、でも面白かった。

     *

22日、山形県の高校で女子高生が飛び降り自殺をはかった。
この高校の旧校舎は、映画『スウィング・ガールズ』(監督:矢口史靖、主演:上野樹里)のロケとして使われ、彼女も吹奏楽部でクラリネットを吹く“スウィングガール”だったらしい。

  5号館のつぶやき:スウィング・ガールの死

映画「スウィング・ガールズ」を見た時、これが若者だなあと思ったものですが、そこには描き切れなかった苦しさもまた若者が持っているものなのだと思います。


『スウィング・ガールズ』もドタバタ劇だった。そして、終わり良ければすべて良し、でハッピーエンド。
でもこの女子高校生は、きっと生きることに不器用なのだったろう。
この事件と映画とは直接関係はないけど、なんだかやりきれない感じがする。




テーマ:アニメ - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。