[孤島]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
廃墟
廃墟憂愁―メランコリックな永遠。 廃墟憂愁―メランコリックな永遠。
アトリエサード (2005/12)
アトリエサード

この商品の詳細を見る


2005年12月に出されたこの本を読み返した。
建築などの人工構築物、とくに合理的・機能的な近代建築は、廃墟になったときが一番"旬"なのかもしれない。 新陳代謝の激しい都会では、(ときに醜悪な)滅びの相貌を見せないで消えるものもあるけど。

廃墟の色は、やっぱりモノクロームかセピアでないと落ち着かない。


「廃墟憂愁」に載ってたアーティストのWebサイトをいくつか。

ズジスワフ・ベクシンスキー
Zdzislaw Beksinski - Official web site presented by Belvedere Gallery

作場知生氏
[ru]

井手亞紀子さん
inkpengoldfish
Blog
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。