[孤島]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫とセグロセキレイ
うちの猫
猫 玄関先猫
玄関先でゴロリするのが好き  パンをゲット(パンが好きだとは思わなかった)

セグロセキレイ@子育て
セグロセキレイセグロセキレイ
向かいの車庫に巣を作っている  道路を歩いてる



猫がこの家に来てからもう半年たった。動物病院の獣医さんによると、推定15才くらいらしい。でも鳴き声がかわいい。みんなそう言う。
ふつう人間なら年をとるとズルくなるような、そんなズルさもあまり見られない。いや、子猫や若かったころは知らないけど、たぶん猫は最初から最後まで猫のまま。人のいない所で、テーブルの上の袋入りパンを落として食べるのはご愛嬌としても。

冬は屋外に出るのを嫌がっていたけど、暖かくなるにしたがって外に興味をもって、最初は夜だけだったけど、いまでは昼も出たいみたいだ。それで、できるだけ猫の好きにしようと思い、表に出たいときはそれなりに意思表示をするので、居間と玄関のドアを少し開けておくことにした。

そんなある日、向かいの家の車庫の天井に、セグロセキレイが巣を作っていることがわかった。セグロセキレイはときどき変な所に巣を作る。そして、スズメやツバメのように直接巣に入るのでなく、かならず地面から巣のある所まで飛び移る(逆に巣を離れるときも地面に降りる)という習性があるみたいで、よく地面をちょこちょこと歩いていた。
で、このまえ、うちの猫が庭のあたりでじっとしていたので、行ってみたら、セグロセキレイが向かいの家とのあいだの道路を、くちばしに雛のエサとなる虫をくわえて歩いていた。猫との距離は4mくらい。セキレイの方も猫には気づいていたようだ。セキレイはつがいで、どこかでもう一匹が「ピピピー」と警戒音を立てていた。セキレイは動きが素早いので、安全距離と認識していたのかもしれない。ただ、巣のある所まで飛ぶと、巣の所在が分かるので、飛ぶに飛べないままだった。それで猫の前に立って(猫を)追い立てると、猫は全速力で家に戻っていった。

これからは、セキレイの雛が巣立つまでは、昼間は猫を外に出すことはやめることにした。
ハーネスも考えたけど、一度暴れて首輪を外したこともあり、今のところは使う予定はない。その代わり、外が暗くなったら表に出すし、昼は二階のベランダの窓を開けるし、ということでカンベンしてね。


ちなみに、上の写真の「パンをゲット」ですが、食事は魚の缶詰とドライフードを3:2の割合でやっており、パンは主食ではありません。

テーマ: - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。