[孤島]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画 『潜水服は蝶の夢を見る』
sennfuku 女性誌「エル」の編集長だったジャン=ドミニクは、脳梗塞で脳幹をやられて全身麻痺になってしまう。 閉じ込め症候群(locked-in syndrome)という、世にも恐ろしい病名。
外部の情報は取り入れることはできるけど、アウトプットがほとんどできない。
唯一残されたものが瞬きする左目で、会話者の読み上げるアルファベットを瞬きすることによって文字を確定し、意思や文章を表現する。

意識障害はないので、「自由な想像力と記憶で、どこへでもいける」。

映画の終わりに近く、回想なのか想像なのか、エッフェル塔などパリの風景のなかを車で疾走するシーンがあって、そこでBGMとしてかかってたのが「ラ・メール」と「大人は判ってくれない」のテーマ曲。 「ラ・メール」は映画のイントロでも使われていた。

この舞台になった病院は海岸近くにあり、テラスからは海が見える。実際、車椅子で浜辺にも行っていた。
それで映画ではこの「ラ・メール(海)」を採用したのかもしれないし、またフランス人にとってこのシャンソンはきっと国民的な思い出の曲なのだろう。

LA MER  ラ・メール (シャルル・トレネ CHARLES TRENET)



この映画でもいろんな曲が使われていて、YouTube などでどういうシーンでそれらが使われているのか分かるので、いろいろと勉強になる。
別に音楽監督になろういうというわけじゃないけど。

YouTube
『潜水服は蝶の夢を見る』 テーマ曲
トム・ウェイツ All The World Is Green
「大人は判ってくれない」テーマ曲
Don't kiss me goodbye (Ultra Orange & Emmanuelle)
バッハ ピアノ協奏曲第5番へ短調(Claudio Dauelsberg)


原風景というのがあるように、人には当たり前に原音楽というのもある。昔は地域の民族的な音楽しか選択できなかったけど、いまはメディアの発達でどんなジャンルの音楽でもアクセスすることができる。

で、この「ラ・メール」は、私にも懐かしい音楽だ。 どこで聴いたのか分からないけど、たぶんラジオから。 なんせ、昔の人ですから。w

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。