[孤島]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫カフェ
以前に紹介した古本屋(「寂れた古本屋」(08/5/25))は、去年の11月に訪れたら、廃業していた。
古い本が多かったので、閉店するのは無理ないかもしれない。
外壁を塗装をしていたので、次はどんな店舗や施設になるのかなと思いながら帰った。
今年になって、新聞で猫カフェがオープンするという記事を読んで、住所がその古本屋近辺らしいので、もしかしてその建物に猫カフェが入るのではないだろうかと想像した。

その猫カフェの場所は家から遠いところにあるし、冬は自転車が使えない。
でも先週の金曜日、街の病院に行ったついでに、立ち寄って確かめようと思った。
で……、やっぱりあの建物は、猫カフェに生まれ変わったのだった。

furuhon1   nekocafe1

半地下は使われていないらしく、階段を少し上ったところが一階で、カフェになっている。(ここはたぶん、もともと喫茶店だった。)
そして二階が猫のいるところ、ねこ広場。

nekocafe2カフェでランチをとる。
二階のねこ広場へあがる階段の途中に、靴を脱ぐところがあり、見たら結構の人(10人以上?)の靴があった。そこそこ繁盛しているようだった。

nekocafe3それから二階のねこ広場に行く。
15分間無料で、その後は15分経過するごとに280円かかる。
入る前に、消毒液で手を洗う。
ランチを取っているあいだに何人か帰ったみたいで、ねこ広場にいた客は4人(男1、女3)だった。
きれいなおねえさん(猫カフェのスタッフ)が常駐している。

nekocafe7いまいる猫は、全部で10匹。
ここにいる猫の多くは、保健所から引き取ったものらしい。
猫を引き取りたいという希望者には、斡旋しているとのこと。それで、引き取られた猫の写真も貼られていた。
トラ (うちの死んだ猫(ミミ)の種類)は、いなかった。ちょっと残念。

nekocafe6それと、ちょっと訳ありのところで飼われていた猫もいるとのことだった。
この二匹の猫は、まだ子猫。猫が20匹以上いるところで飼われていて、それでどうにもならなくて、ここで引き取ることにしたということらしい。
獣医のアドバイスで、しばらくケージで飼うことにしたそうだ。
何があったのかわからないけど、怯えている。ケージ越しに手でなでなでしようとしたけど、触らせてくれなかった。

nekocafe4部屋は2つあり、左上に見えるのが間仕切りドア。
猫同士の相性の良くないのがいるので、それで別々のところに住まわせているとのこと。
開けっぱなしにしないでくださいという注意書きが、ドアに貼ってあった。


nekocafe5ここの猫は皆おとなしい。ケージ飼いの子猫以外は、ふつうに触らせてくれるし。
でも寝てるところを手で触ったら、怒られるかもしれない。そういうことはやらなかったけど。



でも、やっぱりうちの猫(ミミ)のことを思い出してしまう。
猫一般でなくて、ミミと名付けられた猫のこと、あの賢かった猫のこと、友達で相思相愛(?)の関係だった猫のこと。
もしここで癒されたとしたら、猫たちの相手をしたり撫でたりしたのもそうだけど、それ以上に、かつて家にいた猫について女性スタッフと話をしたことが大きく作用していると思う。

来客者の中には、週に5日 通ってる人もいるとのことだった。
私はというと、ここに来るのはたぶん 2~3ヶ月に一回くらいかな。

テーマ: - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。