[孤島]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超短編小説200文字
いま Twitter Novel (#twnovel) というのを始めたのだけど、140文字制限というのがあって、なかなか難しい。やっぱり200字くらいないと十分に書き込めない。
それで twitter140文字版と同じ素材を、200字原稿用紙に収まる短編として、ここに載せることにしました。

--

 エリナー・リグビーは遥か遠く日本で生まれ変わった。今度も女の子で、エリ子と名づけられた。父親の仕事の関係でロンドンに住んだ幼年期、家族で旅行したリヴァプールで「懐かしい。どこかで見たことがある」とデジャブ体験をした。パン職人を目指していた21歳のとき、C型肝炎ウイルスの感染が判り、「このまま結婚できずに死んでゆくのか」と涙を流した。でもインターフェロンでやっと肝炎も完治し、今では衆議院議員になった。


 台湾の沖を南に航行中、数隻の船とすれ違おうとしていた。その中に、うちの海運会社の船がいるのを見つけた。煙突のマークで判別できる。半海里(900m)ほど近づいたとき、お互いに「ボ~~ゥ」と遠慮がちに汽笛の交換をした。手の空いている船員もデッキに出て僚船に手を振る。しばしの逢瀬の後、船影はみるみる遠ざかっていた。船長は「もう会えないかもしれない」と言って、昭和19年○月○日の航海日誌に船名や位置を記入する。

--

解題、といっては大げさだけど、
エリナー・リグビーは教会で働いているおばさんで、架空の人物。
Eleanor Rigby - PAUL McCARTNEY BROAD STREET


歌詞のなかにある No one was saved. 誰も救われない。 この歌自体がペシミスティックだけど、このフレーズも悲観的だ。
このあとジョン・レノンは、別の方向(「愛」)に向かって進んでゆく。

上の曲は、映画の『BROAD STREET』のもの。懐かしい。
録音はあまりよくないので、こっち↓の方がいいかも。
http://www.youtube.com/watch?v=24v4d3eZaK0

次の商船は時代背景があって、太平洋戦争中に沈没した日本商船は2570隻(保有船腹の88%)と言われています。たぶん昭和19年が一番多かったと思う。



Twitter小説のような超短編の場合は、なによりオチが大事で、そのほか文章表現が特に巧いとか、瞬間芸みたいな話法で読者をうならせるとか、そういうのがないとなかなか評価は受けないと思う。

Twitter小説は、良いものからゴミのようなものまで様々。なので、アイコンを見てこの人の作品は読まないようにしてる、ということもしている。読むだけ時間の無駄だから。

あなたもTwitter小説、如何?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。