[孤島]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アナザー・ペアレント(TVドラマ「Mother」)
久しぶりに民放TVドラマ――水曜日放映の日本テレビ「Mother」を見た。たまたまTVのチャンネルを操作して、虐待とか児童福祉施設とか出てるので、途中からだけど、つい見てしまった。民放ドラマを見るのは「高校教師」や「のだめ~」以来かな。
テーマは虐待。舞台は、まだ雪の残っている室蘭。女性教師(奈緒=松雪泰子)と虐待される女子児童(怜南)を巡ってドラマが進展する。怜南は、同居している男からだけでなく、母親からも虐待されている。

う~ん、このドラマの突っ込みどころは多々ありそうだ。例えば、夜に教師が怜南の自宅の様子を見にいき、怜南が大型のごみ袋に入れられて放置されているのを発見し、それで怜南の誘拐を決心したとされる。
なんか NHKアニメ「精霊の守り人」(原作:上橋菜穂子)の女剣士バルサと皇子チャグムの関係みたいだ。バルサが、刺客からチャグムを守るというもの。
でもゴミ袋に入れて外に放置って、そりゃあ誘拐するまでもなく、警察に通報したら親たちは逮捕され、子どもは即座に児童福祉施設行きでしょうに。それで万事解決するのに。
小学校教師の奈緒(松雪泰子)も、全然子供向きじゃない暗い表情と低い声をしている。いろいろと事情があるのかもしれないけど、すごく違和感がある。こういう教師がいたらイヤだな、子どもにとっては。
怜南という子どもは可愛い。だけど、大人の描いた子どもにしかなってない。それもつまらないところ。

ところで、親にとって子との血のつながりは、他に代えられない大事な要素になっている。でも子どもにとっては、優しい親と快適な家庭さえあれば、それだけでOKでしょう。だからこのドラマで小学生の子が、何のためらいもなく教師についていくというのはわかる。

日本では血縁至上主義なところがあって、それが虐待を防げきれていない状況を生んでいる。
今から二十年以上も前、北海道の地方都市で、同居してた男から虐待されて死んだ男の子がいた。事件のあと、新聞に近所の商店の主人の話が載っていて、その子が店に来たとき、「おじさん、ぼくをこの家の子にして!」と頼んだそうだ。その記事を読んで、とてもショックを受けた。

アナザー・ペアレントとか擬似親子というのはあるのだろうか。虐待やネグレクトされたケースだけでなく、あまり可愛がってもらえなかったとか、相性が合わないとか、そういう場合のときに。
過去にそれに相応する事例がある。(どこの とは言わないけどw)ある家族があった。両親、姑、一人息子と二人の娘たちで構成されている。嫁姑のいさかいは激しく、親戚も巻き込んで泥沼状態が続いていた。また夫はたまにDVもやっていた。ストレスになった母親は、ときに子どもに八つ当たりした。母親はおもに勉強の出来た息子を、娘たち以上に可愛がっていた。それらのことを二人の娘たちは当然気づいていた。長女は学生のときバイトした小さな蕎麦屋の夫妻と懇意になり、夫妻から可愛がられ、長女も親のように慕っていた。長女の母親は嫉妬したのか、そのことを苦々しく思ったらしいけど、長女にとって蕎麦夫妻という別の家族をもてたのは救いだった。
一方、次女のほうはアナザー・ペアレントをもてなかった。そのせいかどうか知らないけど、今でも母親と会うと、あまり幸福じゃなかった当時のことを思い出すので、あまり会わないようにしているらしい。
ちなみに、二人の娘たちは既に家族をもっているが、両親の期待を担っていた一人息子は、今ではどうしようもないシロモノになっている。

ドラマ「Mother」は、本当の親子になるというものだった。そういうのでなく、やはり擬似親子やアナザー・ペアレントの必要性はあるのではないだろうか。今までは、おばあちゃんやおじいちゃんが代わりをしたり、共同体のメンバーが役割を担っていた。そういう代わりになる人が少なくなっているとき、血のつながってない擬似親子は、軽いものから重いものまでいろんなフェーズで、あっていいと思う。
現実に擬似親子というのは難しいかもしれないけど、ネット上では、アクセスが容易なこともあって、出来やすい。
ただアナザー・ペアレントが(仏教書で禁止している)愛着して執着したり、過剰に期待したりすると、結局は不幸なことになるようだ。それと大事なのは、アナザー・チャイルドに対して 97~100%くらい肯定・承認でないとならない ということで、あとで失敗したと後悔することのないようにと、反省も込めて思う。(お金を払うサービスは通常100%の対価が得られるけど、この場合は道徳や犯罪に関わったり危険な目に会う可能性もあるので、97~100%と幅を取ってます。)
この辺の匙加減が難しく、特に男性の場合、アナザー・ペアレントになるのは難しいかもしれない。圧倒的に必要なのは、父性でなくて母性だから。

      *

Amazonからポメラ(pomera DM5)が届いた。
PCはインターネットがあるからついネットで遊んでしまうけど、ポメラはワープロ機能しかないので、書き物に集中できる。そして、家にいるとあまり緊張感がなく、ついボーとしたり妄想にふけったりと決していい環境ではないので、(机のある)公共施設などに行って書き物しようと思ってます。

KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM5シル スパークリングシルバーKINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM5シル スパークリングシルバー
(2010/03/09)
キングジム

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10シロ パールホワイト移動先や外出...
2010/04/30(金) 17:21:20 | お買い得連絡通信
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。