[孤島]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『アバター』 ジェームズ・キャメロン監督
この映画は、過去に撮られた映画の様々な要素をもっている。ストーリとしては、アメリカ映画でよくある「騎兵隊・海兵隊」物語。それにしても米国は本当に「騎兵隊・海兵隊」&ハルマゲドンが好きだ。『プラトーン』など戦争物のほとんどがこれに相当するが、他に『スターゲート』、『エイリアンII』『アレキサンダー』など多くの映画がある。(オリバー・ストーンはこの種の映画を撮るが好きだ。)
でも『アバター』では、海兵隊や指揮官の大佐が悪役となっていて、そこがこの映画のユニークなところだ。『ソルジャー・ブルー』(騎兵隊がインディアンを皆殺しにする)という、騎兵隊とインディアンの善悪の立場が逆転する映画が出てきて以降、あまり騎兵隊物は見られなくなった。この映画で、もう米国映画の「海兵隊」物語は終りになればいいと思うけど、なかなかそうはならないかもしれない。
しかし……、近代的な価値観をもった貪欲な企業と、それを武力で支援する海兵隊。そして自然的な生活を送り、人間よりも身体的にも精神的にも能力が高いナヴィ。それらを対比することによってこの映画は、反軍・反戦メッセージを伝えたかったのかもしれない。

それから、白人が未開の部族の王になるという、これも英米の映画によくある話も登場する。『地獄の黙示録』のカーツ大佐(マーロン・ブランド)は現地の部族の王として君臨していて、それをウィラード大尉が暗殺するというストーリーだった。
この映画では、将来的に王になるためのプロセスとして描かれる。つまり、巨大な鳥に乗って天孫降臨し、族長の娘と結ばれ、そしてナヴィとともに海兵隊と闘うことよって。
その他、『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』的な様相もある。帝国軍が侵入して、それを反乱軍が防衛するというもの。二足歩行ロボットの代わりに、二足歩行モバイル・スーツも登場していた。

で、感想。これは壮大な3Dシルクドソレイユだ。族長の娘の、3Dによる肢体のエロさがたまらなかった。3Dは、機械物よりも植物、そして植物よりも動く人間の身体で生きてくると思った。3Dのエロ映画を観たい。

      *

北海道で『アバター』を3Dで上映する映画館は、札幌と旭川の2館だけなのだ。シネマフロンティア(札幌JRタワー・ステラプレイス)で観てきた。
札幌駅のステラプレイスはビックカメラに接続しているんだ。田舎者な私は、ステラプレイスと大丸が繋がっているのを知るまで、かなりの時間を要した。

テーマ:アバター - ジャンル:映画

あけまして おめでとう ございます。
2010

今年こそ良い年であるように……、というのは希望というより意思。 意思薄弱な人がいうのも何ですが。

      *

リアルの人間関係が薄いので、Twitterは貴重だ。頭の体操にも。

      *

去年の暮れ~今年は、一昨年ほどマスコミがどっと押し寄せるような「年越し派遣村」はなかったけど、実際は雇用を巡る環境はちょっともよくなってない。
政府の言った成長戦略だけでは済まない。お金の回りを良くするためのインフレ政策を取った方がいいと思うのだけど、経済に詳しい人材がいないのか、財務省や日銀にプッシュをかけられずにいる。その辺で知識があるのが亀井金融相というのも、何か不思議。

      *    

それでは今年もよろしくお願いします。
桜井幸子さん、芸能界から引退
Twitterばかりやっていて、このBlogの更新をさぼっていました。
Twitterは結構はまる。なので、大量に時間を消費する。ちょっと時間の使いみちを考えた方がいいかもしれない。


ところで、今日、こんな記事が。
「女優・桜井幸子36歳の決断 年内で芸能界から引退」
私事、桜井幸子は平成21年末をもちまして、すべての芸能活動から引退する決断を致しましたことを、ここに報告させて頂きます。
 関係者の皆様、そしてファンの皆様には、長年に渡り御支持を頂き心より感謝しております。
私はこれまで女優という仕事に就きながら、十数回海外の仕事を頂き、また、数回の海外留学の経験をさせて頂きました。これらの経験が契機となり、数年間考えた末に今回の決断に到りました。
 引退後は、より一層社会的見聞を広め、社会に貢献できる個人を目指し、実り豊かな人生となるよう、目標を定め、研鑽に努めて参りたいと考えております。
・・・・・・

けっこう桜井幸子が好きという人は多い。おじさんのアイドル。賢そう というオーラと、ちょっと不機嫌そうで憂い顔なのが、とても良かった。
思い出すのは、もちろん「高校教師」。見たのは 2003年1月~3月の再放送のとき。
ということは、あれからもう7年が過ぎようとしているんだ。女子高校生だったさあやさんはもう社会人だし…。
月日のたつのがなんと早いことか……。


高校教師 テーマ曲「ぼくたちの失敗」




      *

えいこさんと連絡がつかない。心配。
超短編小説200文字
いま Twitter Novel (#twnovel) というのを始めたのだけど、140文字制限というのがあって、なかなか難しい。やっぱり200字くらいないと十分に書き込めない。
それで twitter140文字版と同じ素材を、200字原稿用紙に収まる短編として、ここに載せることにしました。

--

 エリナー・リグビーは遥か遠く日本で生まれ変わった。今度も女の子で、エリ子と名づけられた。父親の仕事の関係でロンドンに住んだ幼年期、家族で旅行したリヴァプールで「懐かしい。どこかで見たことがある」とデジャブ体験をした。パン職人を目指していた21歳のとき、C型肝炎ウイルスの感染が判り、「このまま結婚できずに死んでゆくのか」と涙を流した。でもインターフェロンでやっと肝炎も完治し、今では衆議院議員になった。


 台湾の沖を南に航行中、数隻の船とすれ違おうとしていた。その中に、うちの海運会社の船がいるのを見つけた。煙突のマークで判別できる。半海里(900m)ほど近づいたとき、お互いに「ボ~~ゥ」と遠慮がちに汽笛の交換をした。手の空いている船員もデッキに出て僚船に手を振る。しばしの逢瀬の後、船影はみるみる遠ざかっていた。船長は「もう会えないかもしれない」と言って、昭和19年○月○日の航海日誌に船名や位置を記入する。

--

解題、といっては大げさだけど、
エリナー・リグビーは教会で働いているおばさんで、架空の人物。
Eleanor Rigby - PAUL McCARTNEY BROAD STREET


歌詞のなかにある No one was saved. 誰も救われない。 この歌自体がペシミスティックだけど、このフレーズも悲観的だ。
このあとジョン・レノンは、別の方向(「愛」)に向かって進んでゆく。

上の曲は、映画の『BROAD STREET』のもの。懐かしい。
録音はあまりよくないので、こっち↓の方がいいかも。
http://www.youtube.com/watch?v=24v4d3eZaK0

次の商船は時代背景があって、太平洋戦争中に沈没した日本商船は2570隻(保有船腹の88%)と言われています。たぶん昭和19年が一番多かったと思う。



Twitter小説のような超短編の場合は、なによりオチが大事で、そのほか文章表現が特に巧いとか、瞬間芸みたいな話法で読者をうならせるとか、そういうのがないとなかなか評価は受けないと思う。

Twitter小説は、良いものからゴミのようなものまで様々。なので、アイコンを見てこの人の作品は読まないようにしてる、ということもしている。読むだけ時間の無駄だから。

あなたもTwitter小説、如何?
記者クラブor全メディア開放
民主党の小沢・鳩山両代表が全メディアに開放すると言ったことを反故にする?

山口一臣:新聞が書かない民主党の「公約破り」
http://www.the-journal.jp/contents/yamaguchi/2009/09/post_90.html#more

上杉隆:ダイヤモンド・オンライン 週刊上杉隆
非記者クラブメディアを排除した鳩山首相初会見への落胆
http://diamond.jp/series/uesugi/10094/

宮台真司:MIYADAI.com Blog
民主党の重大な「公約破り」はじまる 許すまじ!
http://www.miyadai.com/index.php?blogid=1&archive=2009-9-16

宮台真司氏は過激に怒っている。そりゃそうだろう。

こうした事態が起きたのは、松下労組上がりの平野官房長官の仕業といわれている。
記者クラブは、土建屋の談合と同じ、マスメディアの談合組織みたいなもの。
アルコール依存症の元財務大臣のもーろー会見は、日本メディアは政治家との癒着であの会見はネグられたけど、海外のメディアが取り上げたので、結局我々の茶の間にテレビ放映されたということらしい。
 * 関係ないけど、あのアル中な政治家はあまりにもエラそうなのですっかり嫌われてしまい、もう次回はないと思われ。


民主党の逢坂誠二氏(@seiji_ohsaka)がtwitterに書いた 「もう既に『公約破り』とか非難の声があるが、ちょっと気が早すぎるかも。」 というのは記者クラブの件と関係ない話で、これに対する誤爆がtwitterで起きた。
もともと逢坂誠二氏はオープン派だったし、実際その後に、「選挙前に鳩山現総理が発言しているのですから、しっかりと実行すべきです」と書いている。 彼にとっては、いい迷惑な話。


でも今日、こんなことが起きた。
岡田外相:全メディアに記者会見を開放 フリーも
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090919k0000m010081000c.html

外務省がそうなら、他の官庁もそうするだろうし、そうして官邸も・・・(?)

      *

eriko前々回の「少女」の続き。
不条理なことや不当なことと闘ってきた少女の理想として、20代かもしれないけど、福田衣里子さんが挙げられる。
彼女は薬害肝炎の救済を求めて国や厚生官僚と闘ってきた。

闘う少女、萌え!
でも、薬害肝炎訴訟だったころの、黒っぽい服装で黒縁メガネをかけ、ちょっと不機嫌な表情だったときの方が良かったような気もするけど。


      *

twitterを始めました。
chronotopos
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。